読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にちじょう

日常で気になったものを写真を通して紹介します。

那須旅行2日目(前編)

昨日も今日も結構な量の雨が降ってますね。バンパーとヘッドライト外しておいてある(カバーはかけてあるけど)86が心配なのでそろそろやんでください作業も出来ないから・・・w

 

 

さて那須旅行2日目詳細です。

2日目は、ホテルで朝食→那須どうぶつ王国→とりっくあーとぴあ→あまたにチーズ工房→帰宅でした。

 

・ホテルで朝食

和食でした。指定席になっていて、おかずは既に並んでいて、ご飯や海苔その他を自分で取ってくる形式でした。(みそ汁は着席時に運んでくれました。)

奥にある菜っ葉がおいしかったです。いやどれもおいしかったんだけど、出汁で煮びたしにしてある感じ?(料理をしないのでうまく伝えることが出来ないw)日本のUMAMIでした。

席はちょっと狭かったです。着席して食べるのには何も問題はなかったんだけど、席の後ろを人が通れないくらい狭かった。もうちょっと他の席とスペースとって欲しかったかな。

 

那須どうぶつ王国

さて今回のメインイベントです。

動物の種類ごとに建物が分かれていて、時間によってショーをやっていたりという感じです。

王国に入って左側から回りました。まずは水棲動物から。

ペンギン、ビーバー、フラミンゴ、白鳥、アザラシ、カワウソなどがいました。黒い白鳥もいたんだけど、黒い白鳥は日本語でなんて言うんでしょうね。英語だとブラックスワンなんて言うけど、日本語でもブラックスワンなんですかね。

ペンギンがやたら多かったです。3個所くらいいましたw

中には泳いでるやつ、尻ふってアピールしてるやつなんかもいました。かわいかったです。時間によってはエサやり体験も出来た模様。アザラシコーナーでは実際に餌やり体験をしてる人たちがいました。

 

水棲動物の次はうさぎコーナー。

アメリカンサイズのでっかいやつから、たれ耳、小さいのもいました。ほぼすべてのうさぎに触ることが出来て、もふもふしてきました。どいつも大人しい。中には臆病なやつもいて、子供に追い掛け回されたりしてるやつもいましたw

 

次いで犬猫コーナー。

中にはお姉さんが1人いて、触り方とか接し方のアドバイスをしていました。

種類はあまりいなかったけど、数が結構いました。犬は大体が子供に追い回されているか寝ているかで、少しだけ触るにとどめておきました。

最近はどちらかというと猫のほうが好きなので、嫌がられない程度にもふってきました。触られなれているからなのか、半分諦めているのかわかりませんが嫌がられることはありませんでした。もふもふ。

1匹窓枠で日向ぼっこしながら寝てる灰色の猫がいて、思う存分もふってきましたが、めっちゃ熱くなってました。あれ大丈夫なのかな?w

ちなみに避難スペースみたいなところ(人が入れないようになっている)もあって、ちゃんと考えられていました。何匹か入ってました。

 

その次は今回の主目的のうちの1つ、レッサーパンダコーナー。

入口付近にはヤマネコやらがいましたが、その奥にはすごい人だかりが。

6月末に赤ちゃんが産まれたそうで、すごい人気でした。子どもが出てきて最初のうちは隅っこのほうでビビって戻りたがっていましたが、母親が後ろに連れて歩くファインプレー。よちよち歩きが可愛かったですw写真も何枚か撮ったけどどれもブレブレ・・・。動画撮っとけばよかったw(しかも子どもの顔取れてなくて尻ばっかだった・・・w)

長く居座るのも悪いので、ある程度写真を撮って退出。

 

少し疲れたので、食事スペースで休憩。(スペースに行く途中カピバラがいたり足湯があったりしましたが、特に触れずw)

自分はアイスティー、嫁はアイスココアを頼みました。10時過ぎくらいでまだお腹は減ってなかったので、ご飯は食べませんでしたw

 

そして10:45頃になり、11:15開演のキャットショーに少し早いけど並ぶかーなどと言いながら待機スペースに移動すると、もう列ができ始めていました。早いw

待機列の近くにオウムが1羽繋がれていて、たまに鳴いてました。アァァッ

11時少し前に開場して、なんとか最前列に席を取ることが出来ました。

 

時間になってキャットショーが始まりました。玉乗り、和くぐり、綱渡り、足スラロームなどなど。ただそこは猫なので、ビシっと言うことを聞いてキビキビ動くのではなく、言うことを半分聞いてるんだか聞いてないんだかぐらいの気ままなペースでやっていましたwお姉さんのキャラもかわいかった。

お客さん参加型のショーもあって、最前列の決まったポイントの人が旗を渡されて、その上を猫が飛ぶというものや、最前列のお客さんの膝の上を、子猫が渡り歩くというのがありました。

最前列を狙って座ったのはそのためで、今回は無事成功、膝の上を猫が通過していきましたw

キャットショー中は動画を撮影していたのですが、首から下げたカメラの前をヌっと子猫が通過していく様子が撮れてました。

他の動物のショーとはまた違った、猫独特の自由さがとてもよかったです。

 

メインイベントのキャットショーを観終わり、お土産を買ってどうぶつ王国を後に。

 

あーとぴあとチーズ工房は、長くなってきたので後編に回しましょう。